下痢症だった私が便秘症へ。辛い便秘にはなにが効くのか模索中です。

私はもともと下痢症だったのですが、去年の末頃から便秘に悩まされるようになってきました。

今までは、最低でも2日に1度は出ていたのですが、最近ではヒドイときには1週間近くも出ないことも。

それも、便意すらないのです。

食事で野菜を摂るようにしたり、お腹をマッサージしてみたり、納豆などのネバネバ系を食べてみたり、アボカドが効くと聞けばアボカドを買って食べてみたり。

色々試してみたのですがなかなか調子はよくなりません。

特に、会社へ出社する日はほとんど便意がなく、逆に休日の朝はコーヒーを飲んでいると便意を感じるような状態。

会社では、少し便意を感じてもなかなか行けるタイミングがつかめなかったりしますから、仕方ないとは思いつつ過ごしていました。

しかし、便が出ていないとお腹が常に張っていて苦しく、身体も重く感じ、精神的にもなんだか落ち込むことが多くなってきました。

腸で作られるセロトニンが不足すると、うつ状態を招くこともあるらしいです。

さらに夜寝ていると急にお腹が痛くなって起きだしトイレへ行くのですが、1週間分近く溜まっている便はものすごく硬くなっているようで、なかなか出てこず、4,5回トイレへ駆け込んで、やっと出てきたと思ったら今度は下痢。

しかもあまりのお腹の痛さに、今度は上からも吐いてしまう。

これが頻繁に続くようになってからさすがに怖くなってきて、病院へ行きました。

病院では、水分を吸収して便のカサを増し、それによって腸を刺激して便意をもよおす効果のある薬を処方してくださいました。

その人の体質によって飲む量は調節します。

最初は恐る恐る少な目に飲んでみました。次の日は効果がなかったので、飲む量を一粒増やしてみました。

すると次の日にやっと便意が。

しかも出社前の家を出る前にです。

すごい、効果がありました。

この薬で「便を出すリズム」を身体に覚えさせて、徐々に薬を減らしていくのです。

朝起きたらとりあえずトイレに座って便を出そうと試みる。

けれど、人の身体って、そうやすやすとは変わってくれないもので、食生活は気を付けているのですが運動となるとなかなかやろうと思っても続かないもので・・・。

運動不足も便秘を引き起こす原因だと思うので、家で続けてできる運動を取り入れることにしました。

以前習いに行っていたヨガです。

ハードなポーズは必要ないと思うので、ストレッチに近いヨガを寝る前に軽くするようにしてみました。

これが結構腸を刺激してくれたみたいで、ヨガをした翌日は結構便が出るようになったのです。

やはり、運動って大事なんだなって思いました。

食事、運動、毎日の習慣づけ。

自分の身体は自分でいたわらなくてはならないと痛感しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です