辛い便秘には、腸もみとプルーンが効いた!

物心ついた時からずっと便秘でした。

便秘歴はかなりのものです。

今は40代の主婦ですが、20代の時は便秘が一番ひどかった時期です。

この時は会社員で、時間も不規則でした。

夜も残業で12時過ぎに帰ってきて、それから軽く夜ご飯を食べてすぐ寝るという生活です。

朝もバタバタしていてゆっくりトイレに行っている時間などありませんでした。

そんな生活をしていると、何日出ていないかよくわからなくなってきます。

本当に不規則な生活でした。その時は1週間に一度しか出ていなかったと思います。

それもほっとできる週末になると便秘が解消するのです。

その時は、週の始めはいいのですが、週末が近づくにつれてだんだん気持ちが悪くなってきて、食欲も全然わきませんでした。

そんな生活を出産前まで続けていました。

会社をやめ、子供を出産して、子供の便秘対策をやっているうちに、自分も何とかしないといけないと思うようになりました。

そこで、便秘体操やツボ押しなどもやってみましたが、あまり効果はありませんでした。

次にやったのはヨーグルトです。

かなり食べ続けたのですが、これも便秘は解消しませんでした。

後で調べてわかったのですが、ヨーグルトにもいろいろな菌があるようで、自分に合った菌であれば便秘が解消できたようです。

私はどの菌が自分に合うのかわからないまま終わってしまいました。

そして、いろいろ調べたところ、プルーンがいいということがわかりました。

生のプルーンは買える時期も短いですので一年中というわけにはいきません。

そこで、ペースト状になった濃縮タイプを買うことにしました。

これを毎日スプーン3杯ぐらい食べていました。鉄分もとれて一石二鳥だったと思います。

濃縮タイプのプルーンの箱の裏側にはあまり量を多く取りすぎるとお腹がゆるくなると書いてありましたが。

頑固な便秘の私にとってはスプーン3杯がちょうどよかったのです。

そして、それだけではなく、お腹を押してみるのがいいとテレビでやっていたので、腸もみの本を買ってきて、お腹をマッサージしたり、またお腹を部分的に強く押したりしました。

また、さらに朝起きてすぐにぬるめの水か麦茶を飲むようにしました。

この3つを同時並行でやったのですが、1週間もしないうちに便秘の期間が短くなってきました。

そして、今では便秘になっても1日ぐらいです。

この3つのどれが一番効いたのかはわかりませんが、これで私は長年の便秘を解消することができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です